12月9日(日)唐津市ふるさと会館アルピノにて「みんなの科学広場in唐津」が開催されました。

対象は小学生向けのイベントですが、ITを使ったブースで学校は参加しました。
今回学校側で出展したのは「アルゴロジック体験」。
子供達にゲーム感覚でアルゴリズムを体験してもらおう!!という内容だったのですが…
ここでハプニング!!会場のWi-Fiが…弱くて通信ができない状態。
ここは急遽変更!!
子供向けの「スクラッチ プログラミング体験」に変更。
まさかのハプニングでしたが、ここは臨機応変で対応。
子供達にはスクラッチで作った簡単なゲームをやってもらいその後に実際にスクラッチの数値を変えたりどのような流れになっているのかを学生スタッフが説明。ある程度理解した子供たちは自分でキャラクターを動かしたりするものを短時間で作っていました。学生スタッフも丁寧に子供たちに対応していました。

そしてもう一つはETロボコンの出展です。
こちらは高校生や一般の方向けに。センサー類やプログラムのお話を。
実際に動いているロボコンは二輪で自律して進みます。
ロボコン大会の案内などを行いました。
机の上でのデモ走行でしたので落ちないかハラハラしましたが、きちんと黒い線を認識して走行してくれてました。

このように学校は地域のイベントに参加しています。


学生スタッフも準備、マシンの調整の手伝い。
会場のネットが繋がらない原因を調べています。が、結局電波が弱いという結果…設定など見直してくれてます。実際の環境でのいい勉強になりますね。


ETロボコン試走風景。


黒い線を認識して走るようにプログラムされています。
やはりみなさん二輪で自律して走るの姿が印象的なようでした。


こちらはスクラッチコーナーです。
子供達は遊んで理解するのが早いですね。小学校でもプログラミング教育が始まります。
学校でも子供向けプログラミング教室開催予定です。