学校で取り組んでいるプログラム教育の一つにETロボコンがあります。
今回、佐賀新聞の取材を受け情報専攻科の1,2年生が記事として掲載されました。

今年度はロボットを使いプログラムを組み込み制御することを一つの目標としています。ETロボコンの九州大会にも参加予定です。
学生たちは大会に向けて授業の中や放課後を利用してロボットやプログラムの調整を行っています。

ETロボコンの取り組みを説明している風景。

2年生取材風景。

今年からETロボコンを本格的に取り組んでいるわけですが、実はKBCにはロボコン専用の教室があります。
大きなコースは去年の大会のコースです。

教室が半分埋まるくらいの大きさです。
去年のコースですが、実際に走らせたりすることができますのでとても実践的です。

シーソーやゲートは規定に合わせて手作り。こういった作業も学生たちと先生で行っています。

去年のコースとはいえ、しっかり理解しながら組み立てます。
9月は唐津ビジネスカレッジにて九州北部の試走会を予定しています。
学生たちはその試走会や本大会に向けて頑張っています。


九州北地区のETロボコンの情報はこちらからもご覧いただけます。
九州北地区のETロボコン情報